解決事例3

解決事例パターン

差し押さえられてしまったアパート売却のお悩みご相談(Nさん)

弊社の取引先であるマンション販売会社の営業の方から、お客さんを助けて欲しいと相談があり、Nさんをご紹介いただきました。
Nさんは他の業者より5戸のワンルームマンションを購入されており、月々の収支は5戸トータルで8万円のマイナスになっておりました。
更に7年前の金利4%以上でフルローンで新築アパートも購入しており、そのアパートが大きな問題になっているというお話しなのです。
そのアパートは築5年を過ぎたころから家賃が各部屋1万円以上下落した上に4部屋が空室となり、経営状況が火の車になってしまい、ワンルームの赤字を足すと月々20万以上のマイナスになっておりました。
年間を通すと固定資産税の支払いも含めると、合計で300万円以上の赤字状態でした。
Nさんの貯蓄は1年で底を尽きて税金を滞納してしまった結果、アパートは差押えされてしまいました。
更に、ローンの支払もままならなく、いつ競売の申し立てをされるか解らない状態でかなり厳しい状況でしたが、Nさんは今の状況を打破できるなら売却して原状回復したいとのお気持ちで一杯でした。

Nさんの抱えていた悩み

 1. 支払いができず差押えられてしまい、どうしたら良いのか?
 2. 競売や破産になるのは避けたい 
 3. どうにかアパートを売却したい

アイティ不動産からのご提案と解決方法

まずは、ご所有の物件全ての調査を行い、売却査定を行いました。
売却査定ではワンルームマンション1件は売却益がでるのは分かりましたが、その他は借入残債以下の査定価格になりました。
そこでワンルームマンション1件を売却し得た利益で税金分を支払い、アパートを任意売却することを提案させていただきました。
そして差押えられている川崎市と債権者の金融機関、両者に任意売却の相談を幾度とさせていただき、川崎市の方はワンルームマンションの売却益で完済をするということで話がまとまり、金融機関の方は売却金額と残債の差額が500万円以上在りましたが、アパートの売却先、返済計画がしっかりと決まっていたので抵当権抹消を承諾していただけました。
購入者は弊社の顧客の投資家様で差押え、抵当権抹消をすることができ無事に決済が完了しました。

アパート売却後の感想

Nさんは今まで不動産会社の言うことを全て鵜呑みにして購入した結果、こんな大変なことになっていまい、「馬鹿なことをした」と反省しておりました。
しかし最終的には不動産会社に救ってもらった訳だから、「自分で付き合う業者を見極めないといけない」と言っておられました。
任意売却後にはお子さんにも恵まれて、ご家庭もお仕事も順調にお過ごしになられているようです。